読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうぶつの森に潜む鬼女

どうぶつの森・ワーネバ・シムズ・とんがりボウシとか箱庭ゲー好きな外人おばさん

子供を持ってから子供嫌いになった話

ふと私って子供嫌いなんだなと思った。
正しくは子供を持ってから子供嫌いになった話。

 

独身時代は子育ての苦労も知らんし、可愛いところしかみないので子供は好きだった。電車の中で赤子をみれば顔を合わせてニコニコするし、親に断りを入れて好きに触らせてもらう。親戚の子がくれば一緒に遊ぶし小遣いもやる。

 

しかし、子供を育てて早3年。よその子と接するなんてマジ無理。できれば私のところにこないで話しかけないでって感じ。世の中には男が出歩いてただけで事案にされちゃうアレ系の恐怖がある。子育てしている親の気持ちや家庭環境、背景、苦労、を考えると手出しできないわという結論。

 

例えばよその赤子を触るなんて、手洗いやウエットティッシュで手を拭いてからじゃないとウイルス的なアレで怖いし、それをみている相手の親になんて思われるか考えただけでもgkbr。少なくとも私は、鼻水たらした子供たちが赤子に触ったときうわあ・・・とは思う。モンペ?じゃあ外に出すな?そうかもな!とにかく、そこから広がる妄想?がとりとめない。子供の看病、寝不足、会社を休むことのあれこれ、子供の苦しさ、後遺症、熱性痙攣、入院、親の苦労とにかく頭をよぎる。


ともかく触れる機会に恵まれたら、自分が触った部分がその子の口に入らないような、頭いいこいいこ(これも宗教や国柄のアレでビクビクする)や二の腕タッチ(最近受けた注射のあとがないか確認すること)くらいしかできない。


お菓子をあげればアレルギーやら添加物ポリシーやら、小遣いをあげたら親の子育て方針やらなんやら、服をあげたら親が服を選ぶ楽しみを奪うやらなんやら。子供を注意すると(以下ry


とにかく子供に接するとバックグラウンドがいろいろ迫ってきてやばいので、子供には近づきたくもない。家庭、育児スレに長期滞在しすぎた鬼女の悩みでしたまる。